キクラゲから始める食料自給 by道明

 

 

この暮らし一年目として今年は母屋の改装に始まって母屋の改装で終わった、という感じ。

そんな中でも、一年のうちでその時期にしかできないことってのがあるんで、

ついに先を見据えて第一歩を踏み出す!!(大袈裟・・)

 

この時期にしかできないこと、、実はたくさんあるけども、その中でまず始めたかったのが、きのこ栽培!!

 

果樹とかもそうなんですが、仕込んで出来始めるのが数年先。

 

なんで果樹もきのこもなるべく今から仕込んでおきたい。

 

中でもなぜキクラゲかというと、畑に行く道すがらにある倒木から発生していた天然の本キクラゲが激ウマだったから!

みなさん乾燥してない生のキクラゲって食べたことあります?

 

一度乾燥したものよりはるかに肉厚で、コリコリしていて、ヌルッとしていて!

しかも、もともと大家さんが椎茸栽培をしてたんで色んな環境が揃ってる。

これはもう僕らの自給食材に仲間入りさせるのも必然なわけです。

 

・・

 

前置きが長くなりましたが、早速まずは山に入り原木を切り出す。

P1060325

装備は愛機MS170チェンソー、枝打ち用の高枝ノコギリ、ロープ、そのほかもろもろ。

 

P1060320

僕らの山は実際入ってみるとこんな感じですが、みなさんには見た感じどう映るでしょうか?

 

まさにこれぞ人の暮らしがかつてあった、今は放置された森、なんですね。

木が根元から二股以上に分かれているのは木を切って利用していた証拠となり、

ツルが木に絡まり、枝は間引きされなかったために4、5本のひょろりとした線香のような木になり、間伐されずに日光が入らず、下草も生えず多層構造にならない。

植物の生態系がそれほど豊かでないので、動物や昆虫の生態系もそれほど豊かではない森、ってことになるんですね。

 

だからこの森をもう一度利用しエネルギーを得ながら、理想を言えば人間にも動植物も一番バランスの良い持続可能な形にデザインしていきたい。

 

・・・

 

と、ちょっとイイ話!?をしかけたところですが実際はこの森はアスファルトで綺麗に舗装された道のすぐ脇にある。笑

(山口県はこんな僻地でも道路が無駄に舗装されてる。。さすが歴代首相の出身県全国一位・・・)

P1060319

そして何を隠そう、この森から原木を切り出そうとしたのも、車がすぐそばまで横付けできるから!笑

だって切り出した原木重いからね!

 

でもねそれだけじゃない。

森ごとに植わってる樹種が違うのよ。そんでここの森に植わって るのはクヌギが一番多くてあとは栗、山桜、ハンノキetc。

きのこも種類ごとに最適な樹種がある。クヌギは椎茸、山桜はなめこ。キクラゲは多くの木が使えるけどハンノキもOK。

そんな構成がわかると、たぶん先代もこの森から椎茸栽培用の原木を切り出してたんじゃないかと思うわけ。(道も近いし。笑)

先代は随分まえにもう亡くなってるし真相はわからないけど、

樹種や山の配置といった情報でかつての暮らしを想像できるのが面白いし、妙に嬉しかったりする。

 

この道も舗装されて大きくなったのは最近のこと。昔はこの道を馬車が通りこの僻地である向津具半島と外の世界をむすんでいたみたい。

 

・・・

 

さてまた話がそれましたが、まずはキクラゲ用に原木を切る。

P1060322

狙うはハンノキ。そのなかでもこれは『クロキ』という木。これは直径20センチほど。太ければ太いほどキクラゲが発生してくれる年数が増えるんだけど、あんま欲を出して太いの切ろうとするとこの荒れた森では危ないんでまずはこれぐらいで良し。

黒いからクロキというのかわからないけど、確かに黒っぽい。(正確にはグレーかな。)

あとで分かったことだけど、このクロキっていう木は燃やしたあとの灰が草木染めの色止めとして非常に優秀らしく、クミが樹木図鑑に付箋を貼っていた木だった。この木もいっぱい植わってる。

ムフフ、ツイテルツイテル!!

絡んだツタを切って、上部の邪魔な枝を落として根元をチェンソーで切る。

他のきのこ類の時は、このまま原木を短く切らずに、良質な木材を取る時の杉のように葉枯らし乾燥させたりするんだけども、

キクラゲは原木を乾燥させずにすぐに菌を植え付ける。

 

春にはナメコと椎茸の仕込みもするつもりなので、

P1060321

山桜と、(なめこ用)

P1060323

クヌギも伐採して葉枯らし乾燥させておく。(椎茸用)

(ちなみにこの木は直径30センチ。欲張りすぎて、しかも枝打ちしなかったので他の木に引っかかりうまく倒れなかった。しっかりとした仕事しないとダメよ、という典型的な例。)

 

クロキは短く切って荷台に積み込み家に持ち帰る。

P1060310

 

と、今日はここまで。菌の植え付けはまた今度・・。

 

コメント一覧
  • はじめまして。

    楽しくウェブサイト拝見させていただきました。

    ペルー共和国のアンデス、標高2600メートル地帯で自給自足に向かった生活を営んでおります。日本国内では菌がそのまま入手できるようですが、こちらでは乾燥したキクラゲ、しか手に入りません。乾燥キクラゲから菌をとって栽培していくことは可能でしょうか?椎茸の場合も乾燥したものだけが入手可能です。


    2014年3月31日 2:48 AM | 大谷尚子

    • >大谷様 
      ペルーからの問い合わせありがとうございます。
      ペルーでの自給的な生活、どんなものになるのかたいへん興味があります。笑 ブログやHPなどはお持ちなんでしょうか?

      さて、ご質問のお答えですが、、正直わかりません。。でもたぶん難しいと思います。
      乾燥品にする過程で死滅する菌も多いでしょうし、生き残ってる菌を培養してあげることによって、キクラゲ菌を取れるかもしれませんが。
      確実な方法は、やはり最初の一度は菌を取り寄せて、それを絶やさないように培養していくことでしょうか。自分もやったことはないので詳しくはわかりませんが。
      キクラゲ菌は強いので栽培は様々な樹種でできると思います。


      2014年3月31日 8:45 AM | doumyou

  • お返事拝見するのが遅くなってしまいました。恐縮です。すぐにお返事いただきありがとうございました。

    その間、日本からボランティアで数ヶ月あまり我が家へいらしてくださった方が、今年しいたけの菌を持ってきて下さり、来年はきくらげを、ということになりました。楽しみです。

    最近は休み休みになってしまっていますが、よろしかったらブログご覧になってください。ヤフーブログで、shokodeleonを御検索下さい。


    2016年12月2日 8:16 AM | 大谷尚子

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

自給自足最新日記
P1080602

「くら里木」ブログ更新しました

2017年5月10日

「くら里木」ブログ更新しました。 収穫前のお楽しみ...

続きを読む

P1080607

「くら里木」ブログ更新しました。

2017年5月9日

「くら里木」ブログ更新しました。 薬草風呂でデトックス...

続きを読む

P1080599

「くら里木」ブログ更新しました。

2017年5月8日

「くら里木」ブログ更新しました。 人生最後の・・・...

続きを読む

P1080604

「くら里木」ブログ更新しました

2017年5月7日

「くら里木」ブログ更新しました。 本日のデザート...

続きを読む

P1080596

「くら里木」ブログ更新しました。

2017年5月6日

「くら里木」ブログ更新しました。 醤油のその後...

続きを読む

P1080595

「くら里木」ブログ更新しました。

2017年5月5日

「くら里木」ブログ更新しました。 自家製パン  ...

続きを読む

6fba2145e7d6b17488a2dd3594f36d87-1

お知らせ

2016年12月15日

しばらくブログをお休みしていました。 楽しみにして見て頂いていた方、ごめんなさい。   農家民宿「くら里木」のホームページを 新しく立ち上げました。 そちらでは「里山での日々」でブログを綴っ...

続きを読む

P1080491

田植え日和  by宮味

2016年6月24日

先週末、無事田植えが済みました。   最近雨が続いていましたが   その日はとても良い天気で   まさに田植え日和!     我が家の田んぼは2反あり...

続きを読む

P1080433

1周年と田んぼ

2016年6月14日

今年から念願叶ってお米づくりをはじめました。 田んぼは長い間使われていなかったところなので 耕すのも一苦労。 畦を整備して、穴だらけの田んぼに水を 溜めるまでの作業は思ったより大変で しばらくブログも...

続きを読む

syuugou

リノベーションワークショップ2015開催致します!!参加者大募集!!

2016年6月8日

僕らの住むムカツク半島の先端、油谷島にある築300年!?の古民家をスペシャリストたちが大改装しちゃいます! 向津具の中でも最古の部類に入る超古民家で、計画的陳腐化なんて言葉とは真逆の体験してみませんか...

続きを読む

» 未分類